マーライオンが水を吐くところは、巨大な溜池だった!?

シンガポールの水事情

前回の記事で執筆したように、1965年8月9日の、シンガポール建国は、シンガポールにとって、絶望の瞬間だった。

マレーシアから追放されたシンガポールには、国家として乗り越えなければならない難題が山積していたのである。

その最大の課題のひとつが、シンガポールの「水」事情であった。

今でも、シンガポールで仕事をしている我々が、何気なく、シンガポールのスーパーマーケットやコンビニで販売されていて、よく目にする「ニューウォーター」という種類の水がある。この水の実態を知っている日本人旅行者は、あまりいない。
「ニューウォーター」というのは、人間の排出した「下水」を、浄水した水のこと。そう、つまりは、尿も含む、つい先ほどまで、トイレの便器の中にあったであろう、水だ!

ゲー!!!
知らずにシンガポールに旅行に行った時、飲んでいた!
という、声が聞こえてきそうである(笑)。

これは、冗談ではない。ニューウォーター開発は、水の資源が壊滅的に乏しいシンガポールが、国家として真剣に取り組んできた国家プロジェクトで、政府は、国民にニューウォーターの使用や飲用を推奨している。

国土に水質資源が豊かな日本では、考えられない政策だ。つまり、そこまで水がない国、なのだ。

シンガポールは、そもそも国土が極めて平坦なエリアだ。従って、その国内に保水力が、殆どない。運河でない純粋な川は、シンガポール・リバーがあるだけだ。

水がそもそも乏しいことに加えて、建国後、著しい経済成長を遂げたため、移住してくる人や、旅行者が激増した。

シンガポール建国と、その経済発展のためには、まずは、この水問題をどうしても乗り越えねばならなかったのである。

「まず、水を制する」から、シンガポールはスタートした

1965年の独立と同時に、初代首相に就任したリー・クアンユーは、様々な難題に挑み始めた。そして、1972年に、ニューウォーターのマスタープランに着手する。

現在のシンガポールの水道から出てくる水は、世界でも珍しい、日本と同様、そのまま飲める水だ。
その内訳は、次のような合成になっている。

  • 雨水
  • マレーシアからの輸入水
  • ニューウォーター
  • 脱食塩水

もし、普通の国であれば、輸入水に頼るだろう。しかし、シンガポールは、100年先を見据え、マレーシアとの関係が信頼に値しないと考え、この輸入水の比率を下げるため、ニューウォータープロジェクト(つまり、下水を飲み水に変える計画)と、海水を飲み水に変えるプロジェクト(つまり脱食塩水計画)、そして、雨水を溜めるプロジェクトの3本を国家政策として推進を始める。

ニューウォーターが、完全に飲み水として浄化でき、供給が始まったのは、2000年だ。シンガポールは、このプロジェクトに28年もの歳月を費やした。21世紀には、汚水を5分間の浄化で、完全な飲み水に変えることができる技術生産レベルに達した。この技術では、シンガポールが世界最高の水準にある。

海水から完全に食塩を抜く技術も同様に、世界最高の技術にある。

そして、更に、シンガポールは、雨水に注目した。シンガポールに流れる川、シンガポール・リバー。現在は、美しい摩天楼の横を流れ、マーライオンの隣から、マリーナ湾に流れ下る川だ。

シンガポール・リバー

シンガポール・リバー

この川は、今でこそ、美しい、シンガポールの代表的な観光スポットになっている。しかし、独立の当時、この川は、マレーシア政府から見捨てられた、とてつもないドブ川だったのだ。マリーナ湾は、スタンフォード運河、そしてシンガポール・リバーが合流する地点にある。そこに、積りに積もったゴミと排泄物の悪臭は、想像を絶するものだったそうである。

当時を知る日系人から聞いたジョーク。
当初、シンガポール国家の象徴、マーライオンが、このマリーナ湾に設置された時、日系人は、そのあまりの悪臭に、マーランオンが、マリーナ湾に向かって、ゲロを吐いているのだと噂をした、そうである。

今の美しいシンガポールから考えると、信じられないジョークだ。

これに対し、リー・クワンユーは、シンガポール・リバーと、4つの運河 ゲイラン・リバー、カラン・リバー、ローチョ運河、そしてスタンフォード運河の、汚泥を完全に一掃する政策を、国家政策として取り組んだ。

この一大プロジェクトに、当時、300万シンガポールドル(日本円で2億4000万円)を投じたのだ。

そして、更に、凄いことに、シンガポール政府は、川の汚染に関わった6000世帯の家族、2800の企業や農場に、強制立ち退きを命じた。そして、世界に類を見ない、ゴミをポイ捨てしたら、厳罰に処するという法律を立法し、実行に移したのである。そう、我々も、シンガポールに入国する飛行機の中で、ガムをすべて没収される、厳しいゴミ敵視国家が、こうして生まれた。

日本なら、到底、このような政策を実行することはできないだろうが、ここが、独裁国家の強味でもある。

10年の歳月をかけ、ドブ川は、観光クルーズができるほどの美しい川に代わり、マリーナ湾は、美しい真水の水溜めとなったのである。

マーライオン

シンガポールの観光名所 マーライオン

そう、マーライオンが水を吐くところは、海ではない!?
淡水の巨大な貯水池なのである。

そして、後に、この美しい貯水池のほとりに、ラスベガス・サンズ社が目を付け、世界が注目する、マリーナベイ・サンズが建築された。

マリーナベイ・サンズ

マリーナベイ・サンズ

水の政策は、世界有数の、観光政策に転換され、ここに世界の外貨が集まるようになる、シンガポールの象徴的風景が誕生したのである。

続く

関連記事

  1. 韓国クラウドビジネス編 第2話「商機」

  2. シンガポールで日本企業のASEAN進出と貿易事業を支援する

  3. 韓国クラウドビジネス編 第4話「ソウル視察出張 中編」

  4. 韓国クラウドビジネス編 第5話「ソウル視察出張 後編」

  5. 中国マーケットと中国企業 攻略の際の法的注意点

  6. 韓国クラウドビジネス編 第3話「ソウル視察出張 前編」

  1. 副業飲食編 第2話「店舗設計」

    2021.03.01

  2. マーライオンが水を吐くところは、巨大な溜池だった!?

    2021.02.23

  3. 「肉」を食の中心テーマとして、渋谷を本拠地に、沖縄国際通りの一…

    2021.02.12

  4. 奇跡の富裕国家 シンガポールは、どうやって誕生したか? ~その2 シンガポール建国 それは危機感に包まれた絶望の瞬間だった~

    奇跡の富裕国家 シンガポールは、どうやって誕生したか? ~その2…

    2021.01.31

  5. 副業飲食編 第1話「修行」

    2021.01.06

FOLLOW US

辻説法かわら版の公式Twitterで最新記事をチェック!