特集「アメリカというマーケット」

「アメリカというマーケット」という特集を組んでおいて、このようなことを書いてよいのかという、御批判は覚悟の上で、次の一文を冒頭に掲げさせていただきます。

僕は、アメリカというマーケットは、存在しない、と思っています。

存在するのは、アメリカ合衆国に存する、50州に対応する各マーケットではないかと。

ニューヨークというマーケット
カリフォルニアというマーケット
ケンタッキーというマーケット
ハワイというマーケット etc・・・

面積が狭い島国である日本でビジネスを行っている日本の方々は、アメリカというのは、一つの国だと思われておられ、ニューヨークで10年以上仕事を行ってきた僕に、
「アメリカに進出をしたいのですが。」
という相談がよく参ります。

しかし、アメリカ合衆国というのは、アメリカの50の州という名の国(States)が、連邦した連合体を意味します。

アメリカの州は、それぞれが、行政・立法・司法の独立の権限を持っており、軍事力ともいえる防衛力すら保有しています。州ごとの地理的条件・気候条件も全く異なり、文化も、生活習慣も、所得水準もまったく異なります。従って、州は、日本の都道府県のような地方自治体ではなく、独立国家に近いものです。

従って、例えば、ニューヨークと、ロサンゼルスとは、物価や消費者の購買行動・趣向が全く異なり、そこに向かうビジネスの方法も全く異なります。

そういう意味で、アメリカへの進出というのは、とても奥深く、かつ途方もなく巨大なプロジェクトなのです。

さて、これを前提として、この特集を「アメリカというマーケット」と題したのは、この奥深いアメリカという巨大なマーケットの連合体を、様々なエリア別のマーケットの主体として切り込み、多様なアメリカの顔をご紹介してゆこうという、試みをしたいと思ったからです。

日本人が、あまり行ったことがない、そして知らないエリアの情報も発信して、アメリカというマーケットを知っていただこうという、そういう、試みで、この特集をスタートしたいと思います。

どうぞ、お楽しみに。

アメリカ東海岸最大のグルメ レッドロブスターは、実は害虫だった!

アメリカ東海岸最大のグルメ レッドロブスターは、実は害虫だった!
アメリカ東海岸を代表するグルメ レッドロブスターのご紹介
大西洋に面する、アメリカ東海岸には、アメリカ合衆国の政治や経済・学問を支える諸都市が連なっています。

経済の中心都市 ニューヨーク
学問の中心都市 ボストン
そして、合衆国政治の中心地 ワシントン

日本人の旅行者が圧倒的に多い、ハワイや、西海岸諸都市に比べると、東海岸の諸都市では、日本人を見かける比率は少なくなり、旅行でも、アメリカらしい雰囲気が味わえます。…
続きを読む


関連する特集

特集 シンガポール

特集 ベトナムに進出する

特集 北アフリカとサブサハラ

特集 台湾を知ろう

関連記事

  1. マジで、世界に通用する英語力を身につけよう

  2. アメリカ東海岸最大のグルメ レッドロブスターは、実は害虫だった!

  3. ニューヨークウォール街ビジネス始動編 第1話「回顧と迷走」

  4. 第1話 あなたは実用英語 という言葉にだまされて、 英文法を軽視してきていませんか?

  5. ニューヨークウォール街ビジネス始動編 第2話「ウォール街」