特集「アメリカというマーケット」

「アメリカというマーケット」という特集を組んでおいて、このようなことを書いてよいのかという、御批判は覚悟の上で、次の一文を冒頭に掲げさせていただきます。

僕は、アメリカというマーケットは、存在しない、と思っています。

存在するのは、アメリカ合衆国に存する、50州に対応する各マーケットではないかと。

ニューヨークというマーケット
カリフォルニアというマーケット
ケンタッキーというマーケット
ハワイというマーケット etc・・・

面積が狭い島国である日本でビジネスを行っている日本の方々は、アメリカというのは、一つの国だと思われておられ、ニューヨークで10年以上仕事を行ってきた僕に、
「アメリカに進出をしたいのですが。」
という相談がよく参ります。

しかし、アメリカ合衆国というのは、アメリカの50の州という名の国(States)が、連邦した連合体を意味します。

アメリカの州は、それぞれが、行政・立法・司法の独立の権限を持っており、軍事力ともいえる防衛力すら保有しています。州ごとの地理的条件・気候条件も全く異なり、文化も、生活習慣も、所得水準もまったく異なります。従って、州は、日本の都道府県のような地方自治体ではなく、独立国家に近いものです。

従って、例えば、ニューヨークと、ロサンゼルスとは、物価や消費者の購買行動・趣向が全く異なり、そこに向かうビジネスの方法も全く異なります。

そういう意味で、アメリカへの進出というのは、とても奥深く、かつ途方もなく巨大なプロジェクトなのです。

さて、これを前提として、この特集を「アメリカというマーケット」と題したのは、この奥深いアメリカという巨大なマーケットの連合体を、様々なエリア別のマーケットの主体として切り込み、多様なアメリカの顔をご紹介してゆこうという、試みをしたいと思ったからです。

日本人が、あまり行ったことがない、そして知らないエリアの情報も発信して、アメリカというマーケットを知っていただこうという、そういう、試みで、この特集をスタートしたいと思います。

どうぞ、お楽しみに。

アメリカ東海岸最大のグルメ レッドロブスターは、実は害虫だった!

アメリカ東海岸最大のグルメ レッドロブスターは、実は害虫だった!
アメリカ東海岸を代表するグルメ レッドロブスターのご紹介
大西洋に面する、アメリカ東海岸には、アメリカ合衆国の政治や経済・学問を支える諸都市が連なっています。

経済の中心都市 ニューヨーク
学問の中心都市 ボストン
そして、合衆国政治の中心地 ワシントン

日本人の旅行者が圧倒的に多い、ハワイや、西海岸諸都市に比べると、東海岸の諸都市では、日本人を見かける比率は少なくなり、旅行でも、アメリカらしい雰囲気が味わえます。…
続きを読む


ハワイ島カウコーヒーの農園から、希少珈琲豆を日本に輸入する

ハワイ島カウコーヒーの農園から、希少珈琲豆を日本に輸入する

ハワイ島へのいざない
2011年の5月のこと。

その年の3月に、東日本大震災が勃発し、5月といえば、その2か月後。東日本大震災の影響は大きく、当時の日本は、自粛ムードに覆われていました。

当時、年商100億円を突破して成長をし続けていた、ベンチャー企業グループの取締役であった僕は、その経営メンバーの一人として、400人を超える従業員の生活と、グループ会社の存続に、頭を悩ませていた時でした。

僕は、その後、2017年に、この企業グループの役員を退任して、自分が投資して造った、URVグローバルグループのホールディングス会社 株式会社URVプランニングサポーターズの代表取締役に就任して独立します。2011年当時は、ベンチャー企業グループの取締役の仕事の傍ら、副業として、既に、飲食事業や経営コンサル事業・海外進出支援事業で、自分の事業を創っている途上にありました。…

続きを読む


MBAという「資格」と、アメリカ東海岸のビジネス

<
アメリカ合衆国は、駆け引きなしの「自由の国」です。
それには、良い面もあれば、悪い面もありますが、世界一の自由の国であることは間違いありません。

自由の国であるという意味は、本人の選択で、勝ちに行く人生を送る自由もあれば、本人の選択で勝つための努力を怠り、落ちぶれる自由もあるわけです。

フエアー勝負の中で、勝ちに行く努力をして勝った人はかっこよく、勝つ努力を怠って負けた人はかっこ悪い、というのが、アメリカ社会の基本発想です。

負けたけど、かっこよいとか、負けたから可哀想というような、センチメンタルな発想を、アメリカ社会はしません。だから、当然のように、アメリカは、超がつく学歴社会になります。…

続きを読む

アメリカの巨象 エンターテイメント産業

<
アメリカのエンターテイメント産業は、巨大産業界を構成し、その構成企業は実に多彩です。

西海岸のビバリーヒルズを中心とする華麗な世界、ゲーム産業や最新の技術を繰り出すシリンコンバレーやヒューストンのIT企業世界、ディズニーを盟主とするコンテンツ産業、そして、ニューヨークのブロードウエイを中心としたアメリカの伝統的な演劇産業。

これらの産業を構成する企業が、世界70億人の消費者が娯楽に落とす巨額なマネーをターゲットにして、群雄割拠の戦国乱世を繰り広げているのが、アメリカのエンターテイメント業界です。

世界でダントツのトップを走るアメリカのエンターテイメント産業は、アメリカの製造業をはるかに上回る産業規模を持っている「強大な象」なのです。…

続きを読む


関連する特集

特集 シンガポール

特集 ベトナムに進出する

特集 北アフリカとサブサハラ

特集 台湾を知ろう

特集 アメリカというマーケット

特集 インドという成長エリアへ

特集 ロシアビジネスをあえて今、考える

特集 未来志向で考える韓国ビジネス

特集 香港チャイナ

特集 中国はどこへ向かうのか?

関連記事

  1. マジで、世界に通用する英語力を身につけよう

  2. ニューヨークウォール街ビジネス始動編 第2話「ウォール街」

  3. ハワイ島カウコーヒーの農園から、希少珈琲豆を日本に輸入する

  4. MBAという「資格」と、アメリカ東海岸のビジネス

  5. 第2話 英文法を、一度、徹底的に強化する

  6. ニューヨークウォール街ビジネス始動編 第3話「仕手の稼働」

  1. Vol.3 日本よりも深刻な「超・少子化」韓国人の、「産んではいけな…

    2024.04.22

  2. 2020年代の今、何故、カンボジアが急成長をはじめたのか?

    2024.03.16

  3. アメリカの巨象 エンターテイメント産業

    2024.02.27

  4. 飲食事業成長軌道編 第4話 イタリア ローマ

    2024.01.26

  5. 第3話 英会話で、本当に英語は上達するのか?

    2024.01.10