特集「台湾を知ろう」

「特集 台湾を知ろう」は、観光や、ビジネスでも行きやすい「台湾」に関する情報を集める経営者のための、情報を発信して参ります。

中国が狙う、台湾。その時アメリカと日本は?
その1 中国が台北よりも狙う都市は、新竹市だ!

中国が狙う、台湾。その時アメリカと日本は?その1 中国が台北よりも狙う都市は、新竹市だ!
2022年。ロシアが、ウクライナに軍事進攻を開始。
日本では、ロシアを「悪者」と表現するメディアの、とても日本らしい報道が繰り返されています。

そして、同時に、そのロシアの侵攻が世界的な制裁と、ウクライナの強い防衛の中で、難航している状態を観て、
「ロシアをみた中国が、これで、台湾の軍事進攻をあきらめるだろう。」
といった、これまた、日本人的な感傷論を、よく耳にします。

ロシアのウクライナ侵攻に至った、ウクライナとロシアの積年の複雑な関係や、中国の立場の正確な情報を理解せず、メディアの報道を表面的にみて、感傷的に、国際情勢をみてしまうのが、日本人の長年の癖です。
国際社会をよく知るということは、このような感情論や日本人的な視点から脱却し、情報と歴史に立脚した、冷静な視点で、国際問題をみることからはじまります。…
続きを読む


九份は、本当に「千と千尋の神隠し」の舞台なのか?

九份は、本当に「千と千尋の神隠し」の舞台なのか?
宮崎駿先生の、「千と千尋の神隠し」。
不思議な世界の描写が、台湾の新北市にある九份に、非常に似ているため、
「九份が千と千尋の神隠しのモデルとなった街だ!」
「いや、全く違う」
という、議論が、日本と台湾の間で、巻き起こって久しくなります。
勿論、宮崎駿先生は、これを否定されておられ、千と千尋の神隠しは、現実のどこかの特定の街をモデルにした作品ではない、と、公式に発言されておられます。
ただ、九份に行ってみると、確かに、九份の雰囲気に、千と千尋の神隠しは、よく似ています。特に、九份の夜景をみてみると、宮崎駿先生も、ここを参考に、千と千尋の神隠しの世界を構想したのではないかなあ、と僕は「個人的には」思うわけです。…
続きを読む


台湾というエリアを中国側の視点にたって、考えてみよう

台湾というエリアを中国側の視点にたって、考えてみよう
グローバルな視点を持つためには、多角的に国際情勢を観る視点が不可欠です
世界の紛争や、外交、グローバルビジネス。
更に、貧困やエネルギー、食糧などの難問。
このような問題をグローバルな視点から考えることは、海外で仕事を進め、更に海外で事業を展開するには、不可欠です。
このようなグローバルな視点を持つためには、単に自分や自分の国からみた単一的な視点からではなく、多角的な観点から国際情勢を観る視点が不可欠になります。
日本の立場からだけものをみたり、民族や宗教の視点を考えずに、自分の価値観だけからものごとをみれば、国際情勢は、理解不能なことばかりになってしまい、その結果、外国人や海外企業との共通の視点を失い、視野狭窄に陥って、自らの可能性を、自ら狭めてしまうことになります。…
続きを読む


日本人があまり知らない、中国 台湾侵攻に対する台湾人の本音を書きます!

日本人があまり知らない、中国 台湾侵攻に対する台湾人の本音を書きます!
グローバルな視点を持つためには、多角的に国際情勢を観る視点が不可欠です
まずは、中国の台湾侵攻に対する、日本の位置づけをおさらいしましょう
連日、日本の国内の新聞では、台湾への中国の軍事的な侵攻のリスクの高まりに対する報道が行われています。中国は、台湾への軍事侵攻を否定しない態度をとっており、アメリカは、中国の軍事侵攻が数年のうちに実行に移されると危惧を表明していると報道されています。
ロシアのウクライナ軍事侵攻は、21世紀になっても、核保有大国が隣国に武力で侵攻して領土拡張をするという、戦国時代さながらの行動を現実的に行うことを、日本人に思い起こさせました。
そして、それが日本においても現実に起きえるし、巻き込まれる可能性もあることに、日本人は怯えています。…
続きを読む

関連する特集

特集 シンガポール

特集 ベトナムに進出する

特集 北アフリカとサブサハラ

特集 アメリカというマーケット

特集 インドという成長エリアへ

特集 ロシアビジネスをあえて今、考える

特集 未来志向で考える韓国ビジネス

特集 香港チャイナ

特集 中国はどこへ向かうのか?

関連記事

  1. 転職編 第2話「面接」

  2. シンガポールでは、しぼりたて生ジュースから高級車まで、自動販売機で買える!

  3. 中国が狙う、台湾。その時アメリカと日本は?その1 中国が台北よりも狙う都市は、新竹市だ!

  4. 飲食事業成長軌道編 第1話「沖縄恩納村」

  5. ベトナムのマクロビジネス環境 ~実質GDP成長率7パーセントの高成長エリア~

  6. 飲食事業成長軌道編 第2話「来日」

  1. Vol.3 日本よりも深刻な「超・少子化」韓国人の、「産んではいけな…

    2024.04.22

  2. 2020年代の今、何故、カンボジアが急成長をはじめたのか?

    2024.03.16

  3. アメリカの巨象 エンターテイメント産業

    2024.02.27

  4. 飲食事業成長軌道編 第4話 イタリア ローマ

    2024.01.26

  5. 第3話 英会話で、本当に英語は上達するのか?

    2024.01.10