マジで、世界に通用する英語力を身につけよう

URVグローバルグループ 最高経営責任者の松本 尚典が執筆する、「マジで、世界に通用する英語力を身につけよう」を連載で掲載します。

第1話
「あなたは実用英語 という言葉にだまされて、 英文法を軽視してきていませんか?」

あなたは実用英語 という言葉にだまされて、 英文法を軽視してきていませんか?
何故、「英語が一番苦手科目だった」僕が、アメリカで経営コンサルの仕事ができるまでになったのか?
この話を、僕のクライアントの経営者の皆さんにすると、必ず「うそでしょ?」と、言われるネタがあります。

「僕は、高校時代まで、英語が一番苦手科目でした。」という話。

留学前に、英検1級をクリアーして、「英語の司法試験」と言われる通訳案内士(現在の資格の名前です)を英語で取得し、銀行からの社費でハーバードビジネススクール(経営学大学院)に留学して、世界でもっとも権威のあるハーバード大学MBA(経営学修士号)の学位を授与され、米国公認会計士として、ニューヨークの会計系経営コンサルティングファームで仕事をした…。…
続きを読む


関連記事

  1. 特集「アメリカというマーケット」

  2. ニューヨークウォール街ビジネス始動編 第2話「ウォール街」

  3. アメリカ東海岸最大のグルメ レッドロブスターは、実は害虫だった!

  4. 第1話 あなたは実用英語 という言葉にだまされて、 英文法を軽視してきていませんか?

  5. ニューヨークウォール街ビジネス始動編 第1話「回顧と迷走」

  6. ニューヨークウォール街ビジネス始動編 第3話「仕手の稼働」