マジで、世界に通用する英語力を身につけよう

URVグローバルグループ 最高経営責任者の松本 尚典が執筆する、「マジで、世界に通用する英語力を身につけよう」を連載で掲載します。

第1話
「あなたは実用英語 という言葉にだまされて、 英文法を軽視してきていませんか?」

あなたは実用英語 という言葉にだまされて、 英文法を軽視してきていませんか?
何故、「英語が一番苦手科目だった」僕が、アメリカで経営コンサルの仕事ができるまでになったのか?
この話を、僕のクライアントの経営者の皆さんにすると、必ず「うそでしょ?」と、言われるネタがあります。

「僕は、高校時代まで、英語が一番苦手科目でした。」という話。

留学前に、英検1級をクリアーして、「英語の司法試験」と言われる通訳案内士(現在の資格の名前です)を英語で取得し、銀行からの社費でハーバードビジネススクール(経営学大学院)に留学して、世界でもっとも権威のあるハーバード大学MBA(経営学修士号)の学位を授与され、米国公認会計士として、ニューヨークの会計系経営コンサルティングファームで仕事をした…。…
続きを読む


第2話
「英文法を、一度、徹底的に強化する」

英文法を、一度、徹底的に強化する
受験英語は、本当に実用英語に役立たないか?
このコラムをお読みいただいている方の多くは、高校・大学、そして大学院の受験で、英語をたくさん勉強されてきたと思います。

僕自身、高校で東京の小金井市にある中央大学付属高校に入学しましたが、この高校の入試は、当時でも英語の読解量が多く、僕は中学生としては、英語は比較的できるほうだったと思います。

ところが一方、僕の場合、大学は付属校からの無試験推薦で、中央大学法学部にあがり、大学在学中は、自分の学費を稼ぐための仕事や、法律学の勉強に勉強時間の大半を費やしたため、銀行に入行した当時、英語は苦手な科目になっていました。

そんな僕が、銀行組織の中の社費留学制度を目指して、英語のやり直しの勉強・トレーニングを積み、アメリカの大学院に留学するまでになりました。そして、その後、アメリカで金融系経営コンサルタントの仕事をし、12年間アメリカに暮らしました。…
続きを読む


第3話
「英会話で、本当に英語は上達するのか?」

英会話で、本当に英語は上達するのか?
英会話で、本当に英語は上達するのか?
英語のスクールといえば、「英会話」。

英会話スク-ルが、英語を取り扱う学校の中で、最も、派手に宣伝を行っているのは、日本の英語教育熱が高まった20世紀後半から変わりません。現在では、リアルの英会話スクールが衰退し、オンラインスクールにとって代わられつつあります。そして、リアルな対面スクールとの間に、激しい広告合戦が繰り広げられています。

このような宣伝広告を目にすると、
「英語ができるようになるためには、英会話スクールに行かなければならないのでは?」
と、思いますよね。…
続きを読む


関連記事

  1. ニューヨークウォール街ビジネス始動編 第3話「仕手の稼働」

  2. アメリカ東海岸最大のグルメ レッドロブスターは、実は害虫だった!

  3. 特集「アメリカというマーケット」

  4. 第1話 あなたは実用英語 という言葉にだまされて、 英文法を軽視してきていませんか?

  5. ハワイ島カウコーヒーの農園から、希少珈琲豆を日本に輸入する

  6. アメリカの巨象 エンターテイメント産業

  1. 2020年代の今、何故、カンボジアが急成長をはじめたのか?

    2024.03.16

  2. アメリカの巨象 エンターテイメント産業

    2024.02.27

  3. 飲食事業成長軌道編 第4話 イタリア ローマ

    2024.01.26

  4. 第3話 英会話で、本当に英語は上達するのか?

    2024.01.10

  5. MBAという「資格」と、アメリカ東海岸のビジネス

    2023.12.25