特集「未来志向で考える韓国ビジネス」

アメリカのニューヨークの金融系コンサルティング会社で仕事をしていた僕が、アメリカの次に、滞在期間の長い国をあげろと言われたら、それは韓国ということになります。

初めて韓国のソウルに、アメリカから行ったのは、それほど昔の話ではなく、1998年。韓国が、1987年に軍政から民政へ転換して、約10年後です。

この間に、アジアで日本に続く経済成長国として、「NIES」「4匹の龍」と呼ばれた、台湾・香港・シンガポールと並び、韓国も目覚ましい経済成長を遂げました。

しかし、韓国が民主主義国家として大きく変わりはじめて10年後のこの時期に、アジアを襲ったアジア通貨危機の津波を、韓国も大きく受けました。そして、そのために、韓国の基幹企業であった財閥系企業の経営支援のため、アメリカから、僕は、同僚とともに、はじめてソウルに入ったのです。

そして、韓国と僕の深い関係が、再度、生まれたのは、僕がビジネスの本拠を日本に移した2007年の後でした。

ここから、日本の大企業の、海外事業や経営コンサル事業の創業の責任者の取締役を数社渡り歩いた僕は、アメリカ時代に人脈を作った、韓国の財閥系企業と、自分の企業との事業提携をまとめあげ、この事業を動かすため、東京から韓国に通いました。

以来、韓国の財閥系企業や、その傘下の中小企業の経営者と、数多く交遊関係をつくりました。そして、その人脈を活かして、僕自身の事業を、URVグローバルグループの前身の企業でも構築してゆきました。

東京から、ソウルに飛んだ回数は、もう数え切れない回数となり、滞在した総日数も、相当な量に及びます。

それでも、僕が、いまだに、ハングルの読み書きも一切できず、韓国語を一切話せないのは、非常に忠実に僕のビジネスを支えてくれた、韓国のネイティブの日本語通訳者がパートナーだからでした。

僕が話す機関銃のような速さの日本語も、僕以上に早口で、正確な韓国語に同時に訳してくれ、文章も書きあげてくれる韓国のネイティブ通訳のパートナーのお陰で、僕は、いまだに、韓国語ができるようにならず(笑)、ビジネスの成果や対韓国の売上だけが、アップしてゆく結果を生みだしています。

英語や中国語に比して、いまだに、言語がまったくできなくても、ネイティブをしっかりとビジネスのパートナーにつければ、大きな海外事業の売上と利益をあげることができる、という証明を、韓国は、僕に齎してくれました。

韓国人には、英語や日本語の堪能な人が非常に多く、そのため、僕は、プライベートにおいても、過去、日本人女性と、ほぼ同じ人数の韓国人女性と恋愛をしてきました。

世界の国民国家は、どこの国でも、隣国同士は、必ず問題をかかえて、仲が悪いものというのが、国際政治の常識です。

「遠交近攻」の格言で、古の軍学が示す通り、必ず隣国とは、紛争の歴史があり、その例にもれず、日本と韓国の間にも、いまだに、解消できない歴史問題が横たわっています。

しかし、実際、ビジネスで韓国に行き、そして、個人的な恋愛や交遊を韓国人たちと結ぶと、このような歴史的なわだかまりというものを感じることは、まったくありません。少なくとも、韓国で、僕が政治的な日韓関係の悪化故に、ビジネスに悪影響を受けたことは、一度もありません。

年間を通して、休日というものを一切作らない僕が、唯一、休暇をとるのは、海外にビジネスで出張し、ビジネスの成果を出した後で、しばし、現地で、休暇をとって旅をしたり、遊んだりする時間なのですが、そんな時間を通して、僕は、韓国で付き合った女性たちや、ビジネスの仲間と一緒に、ソウルや釜山から韓国の各地を旅してまわりました。

そのため、韓国の隅々まで、僕は、韓国を回っています。

この特集は、そんな僕が、韓国人たちとの友情や恋愛を通して培った、韓国への愛をベースに、未来志向で日本と韓国が、ビジネスで共に、Win-Winの関係にどう立っていくかを考える素材を提供する、コンテンツ集にしたいと思っています。

どうぞ、お楽しみに。

関連する特集

特集 シンガポール

特集 ベトナムに進出する

特集 北アフリカとサブサハラ

特集 台湾を知ろう

特集 アメリカというマーケット

特集 インドという成長エリアへ

特集 ロシアビジネスをあえて今、考える

特集 未来志向で考える韓国ビジネス

特集 香港チャイナ

関連記事

  1. 韓国クラウドビジネス編 第3話「ビジネスモデル、稼働」

  2. 韓国クラウドビジネス編 第1話「スタートアップ」

  3. 韓国クラウドビジネス編 第2話「ソウル視察出張」