「一番読まれている記事」ランキングを更新しました(2022年2月)

「一番読まれている記事」ランキング最新版(2022年2月)

「一番読まれている記事」ランキング最新版(2022年2月)を更新いたしました。
こちらの算出対象期間は 2022年2月1日から2月28日となります。

一番読まれている記事
マーライオンが水を吐くところは、巨大な溜池だった!?
1位
マーライオンが水を吐くところは、巨大な溜池だった!?

シンガポールの水事情
マレーシアから追放されたシンガポールには、国家として乗り越えなければならない難題が山積していたのである。その最大の課題のひとつが、シンガポールの「水」事情であった。
今でも、シンガポールで仕事をしている我々が、何気なく、シンガポールのスーパーマーケットやコンビニで販売されていて、よく目にする「ニューウォーター」という種類の水がある。この水の実態を知っている日本人旅行者は、あまりいない。
「ニューウォーター」というのは、人間の排出した「下水」を、浄水した水のこと。そう、つまりは、尿も含む、つい先ほどまで、トイレの便器の中にあったであろう、水だ!…
続きを読む

カジノだけではなく、売春すら国家産業にする、シンガポールのしたたかなビジネス国家戦略
2位
カジノだけではなく、売春すら国家産業にする、シンガポールのしたたかなビジネス国家戦略

シンガポールの売春エリア ゲイランは、国家が管理する一大産業エリア
日本でも、カジノという産業を観光の武器にするという構想の是非は政治的に議論されている。カジノ賛成派は、自国民がそれを利用することを制限しつつも、カジノが持つ観光客の誘致による経済効果に着目する。
つまり、カジノという産業は、ある意味、インバウンド観光産業として位置付けられるのだ。日本など、先進国の場合、このような議論はカジノ止まりになる。
しかし、シンガポールでは、更に先に進む。カジノがシンガポールの国家産業であり、観光の目玉になっていることまでは、広く知られているが、シンガポールでは、売春も国家の公認産業なのである。…
続きを読む

奇跡の富裕国家 シンガポールは、どうやって誕生したか?
~その1 世界の貿易拠点 シンガポールの誕生~
3位
奇跡の富裕国家 シンガポールは、どうやって誕生したか? ~その1 世界の貿易拠点 シンガポールの誕生~

あなたは、アジアのエリアで、日本よりも、国民一人あたりのGDP、つまり富が高い国をご存知だろうか?世界で、主に、国民一人あたりのGDPが高いのは、北欧や中東などの富裕国が上位を占める。その中にあって、世界第8位、アジアで第1位に輝くのが、シンガポールである。
ちなみに、その内情が凄まじい。
国民6世帯のうち、1世帯が、可処分個人資産100万USD(日本円で約1億2000万円)を保有している。そして、10世帯のうち、1世帯が、可処分個人資産1000万USD(日本円で約12億円)を保有している、という国だ。
つまり、小学校50名のクラスの子供のうち、5名の子供の家庭が、可処分個人資産12億円を保有しているという計算になる。…
続きを読む