「一番読まれている記事」ランキングを更新しました(2021年12月)

「一番読まれている記事」ランキング最新版(2021年12月)

「一番読まれている記事」ランキング最新版(2021年12月)を更新いたしました。
こちらの算出対象期間は 2021年12月1日から12月31日となります。

一番読まれている記事
マーライオンが水を吐くところは、巨大な溜池だった!?
1位
マーライオンが水を吐くところは、巨大な溜池だった!?

シンガポールの水事情
マレーシアから追放されたシンガポールには、国家として乗り越えなければならない難題が山積していたのである。その最大の課題のひとつが、シンガポールの「水」事情であった。
今でも、シンガポールで仕事をしている我々が、何気なく、シンガポールのスーパーマーケットやコンビニで販売されていて、よく目にする「ニューウォーター」という種類の水がある。この水の実態を知っている日本人旅行者は、あまりいない。
「ニューウォーター」というのは、人間の排出した「下水」を、浄水した水のこと。そう、つまりは、尿も含む、つい先ほどまで、トイレの便器の中にあったであろう、水だ!…
続きを読む

ベトナムへの販売及びサービス業進出の好機 ENT規制の廃止事情
2位
ベトナムへの販売及びサービス業進出の好機 ENT規制の廃止事情

ベトナム進出は、絶好の好機であるが、レッドオーシャンである
結論から言えば、今、ベトナムでの販売流通業や、サービス業への進出は、外部環境的に絶好の好機にある。一方、外部環境的な絶好の好機というのは、勿論、進出をしようとするヒトや企業のすべてにとって、好機だということを意味するから、これから、外資による競争は、激烈を極めることを意味する。そのため、進出を検討する場合、一刻も早く検討を開始すべきだろう。

本当に、ベトナム進出は、今、スピードが重要だということだ。もたもたしていると、行ってみたら、もう既に競合企業だらけ、という事態にもなりかねない。まさに、ベトナムでの販売流通業とサービス業は、米国・中国・欧州・日本の外資系が、今、その市場を狙っている、最大のマーケットであり、したがって、「栄養分は豊富だが、巨大で凶暴な魚が泳ぐレッドオーシャンである」と言える。…
続きを読む


銀座を代表するオートクチュール企業を承継する若き女性社長が挑む、「お受験スタイル」というマーケット
3位
銀座を代表するオートクチュール企業を承継する若き女性社長が挑む、「お受験スタイル」というマーケット

株式会社コージアトリエ・プリュス
創業1972年。銀座紳士服のビスポークテーラー「壹番館」創業者である渡辺實氏の、次男渡辺弘二氏が創業した、婦人服の名門オートクチュール企業、株式会社コージアトリエ。
パリオートクチュール「GIVENCHY」のテクニックを持つジャンポール・デュナン氏と、渡辺弘二社長が、壹番館の服造りの魂を婦人服に投入し、「コージアトリエ」は誕生した。
2017年。創業45周年を迎えたコージアトリエは、弘二社長の長女である渡辺陽子氏を、代表取締役副社長に抜擢。
そして、2019年1月。渡辺陽子氏がコージアトリエのデザイナーとして創業したブランド「マザースタイル」を更に飛躍させる企業として、株式会社コージアトリエ・プリュスが誕生した。…
続きを読む
  1. ニューヨークウォール街ビジネス始動編 第3話「マンハッタンへ」

    2022.01.18

  2. 特集「北アフリカとサブサハラ」

    2022.01.10

  3. アフリカの過去・現在、そして未来

    2022.01.10

  4. カジノだけではなく、売春すら国家産業にする、シンガポールのした…

    2022.01.05

  5. 様々な業態の厨房経験を基礎に、有名企業の海外法人と店舗を次々に…

    2021.11.22

FOLLOW US

辻説法かわら版の公式Twitterで最新記事をチェック!