「一番読まれている記事」ランキングを更新しました(2021年2月)

「一番読まれている記事」ランキング最新版(2021年2月)

「一番読まれている記事」ランキング最新版(2021年2月)を更新いたしました。
こちらの算出対象期間は 2021年2月1日から2月28日となります。

一番読まれている記事
日本で大量に発生する廃棄食糧を活用し、新興国や途上国の貧困層に食を提供する。事業家たちが挑む、社会問題の両面の解決を目指す、新たなボランティアと社会事業の取り組みを聴く
1位
日本で大量に発生する廃棄食糧を活用し、新興国や途上国の貧困層に食を提供する。事業家たちが挑む、社会問題の両面の解決を目指す、新たなボランティアと社会事業の取り組みを聴く

一般社団法人コネクトライフエイド
日本には、大量な廃棄食糧が発生している。飲食事業における食品ロスは、経費のロスとなって、一般消費者の飲食価格に転嫁されている。そして更に、そのロスは、ゴミと化し、環境問題に深刻な影響を与えている。
一方、今日の食糧がえられず、餓死をする途上国の子供たちは、いまだ、世界に放置されている。世界の異常気象に起因する大災害は、貧困層の生活に大打撃を与える。
日本で、企業を経営する3名の経営者が、それぞれの事業の活動の中で、この課題を提起し、力をあわせて、そのための仕組みを作ろうという相談をした。そこから、一般社団法人コネクトライフエイドは誕生した。…
続きを読む

大学教授を定年退職し、65歳から、ご子息が社長を務める企業の生産部門でパズル職人に転身。今なお、仕事とお酒をこよなく愛する魅力的でダンディなビジネスパーソン
2位
大学教授を定年退職し、65歳から、ご子息が社長を務める企業の生産部門でパズル職人に転身。今なお、仕事とお酒をこよなく愛する魅力的でダンディなビジネスパーソン

シャフト株式会社 工房長
清水 英典 氏
今回は、このシャフト株式会社の工房長であり、清水健太郎社長のお父様 清水英典氏のインタビューです。
若い頃、建設関係の仕事や、ホストまで、職を転々とされた後、心機一転、小学校の教員免許を取得されて、私立 明星小学校の教員にご就任。その明星学苑の、中東の小学校の教員など、海外での教育経験を積まれた後、玉川大学教育学部の教授にご就任された。
小学校の教員から大学教授への転身という、かなり異色のご経歴の持ち主だ。…
続きを読む

「肉」を食の中心テーマとして、渋谷を本拠地に、沖縄国際通りの一等地に出店を広げる、株式会社アットジーセンスエンターテインメント。新型コロナ禍でも組織体制を強化し続ける、「強き飲食企業」を率いる若き経営者を、インタビューで直撃する。

2位
「肉」を食の中心テーマとして、渋谷を本拠地に、沖縄国際通りの一等地に出店を広げる、株式会社アットジーセンスエンターテインメント。新型コロナ禍でも組織体制を強化し続ける、「強き飲食企業」を率いる若き経営者を、インタビューで直撃する

株式会社アットジーセンスエンターテインメント 代表取締役
森田 恭平 氏
このインタビューの実施は、2021年2月。まさに、新型コロナウイルス禍がはじまって、1年が経過した、第三波の真最中の時期だ。東京をはじめ大都市の飲食業が、営業自粛を強いられているタイミング。
この飲食業界に襲い掛かった大きな試練に立ち向かい、その先を見据えて戦略をたてる、若き事業家の話を、我々、辻説法かわら版編集チームは、聞きたかった。
創業から10年。東京渋谷と、沖縄那覇の国際通りに、肉を食の中心テーマとする4店舗を出店し、4店舗で年商3億円という、かなり驚異的な売り上げをあげる企業、株式会社アットジーセンスエンターテインメント。新型コロナ禍で、休業を強いられながらも、強い財務体制と資金力で、従業員の雇用を守りぬき、かつ、次の戦略に備えて、「今こそ従業員教育の絶好の機会」と位置付ける、「強き飲食企業集団」だ。…
続きを読む

  1. ニューヨークウォール街ビジネス始動編 第2話「迷路」

    2021.10.02

  2. ベトナムへの販売及びサービス業進出の好機 ENT規制の廃止事情

    2021.09.29

  3. 女性起業チャレンジ制度のグランプリ受賞、DBJ女性起業新ビジネスプ…

    2021.09.07

  4. ニューヨークウォール街ビジネス始動編 第1話「回顧」

    2021.08.28

  5. 特集「M&Aを正しく活用する時代」

    2021.08.22

FOLLOW US

辻説法かわら版の公式Twitterで最新記事をチェック!